So-net無料ブログ作成

七尾城(石川県七尾市) [古城めぐり(石川)]

IMG_5831.JPG←大手道から見えてくる石垣群
(2004年8月訪城)
 七尾城は、能登畠山氏の居城である。その築城時期は明らかではない。畠山氏の起源は、坂東武士として名高い畠山重忠に遡る。坂東八平氏の一、秩父氏の一流で声望の高い武将であったが、1205年、鎌倉幕府初代執権北条時政の謀略によって重忠が滅ぼされると、その名跡が絶えることを惜しんで、足利義兼の子義純を重忠の妻(北条政子の妹)と再婚させて畠山氏を再興した。源姓畠山氏の誕生である。以後、足利氏の一族として続き、足利尊氏が室町将軍となるに及んで、他の足利一門と同じく畠山氏も大きくその勢力を伸ばすこととなった。3代将軍義満が室町幕府の典礼を定めた際には、畠山氏は斯波氏・細川氏と並んで守護大名家最高の三管領家に名を連ねた。1408年、畠山基国の次男満慶が能登守護となり、能登畠山氏の祖となった。能登畠山氏の全盛期は7代義総の時で、統率力に優れた武将で、七尾城が大きく整備されたのは義総の時と考えられている。この頃には荒廃した京都から逃れてきた多くの公家・歌人などの文化人を七尾城下に招き、七尾には文化の花が開いたと言う。しかし義総が没すると家中に動乱が起き、それを収束する過程で畠山七人衆という7人の重臣による合議制が始まった。七人衆の中では遊佐氏と温井氏が双璧で、激しい権力抗争を繰り広げた。そんな中で越後の上杉謙信は越中を平定して能登に迫り、織田信長は越前朝倉氏を滅ぼして越前を平定し加賀に迫った。七尾城の七人衆は、上杉方に付こうとする者と織田方に付こうとする者とで二分された。1575年、謙信が能登攻略に取り掛かり、七尾城を取り囲んだ。籠城戦の中、七尾城内では疫病が流行して幼主春王丸が没し、長続連は信長に救援を依頼する為、子の連龍を安土に派遣したが、間もなく親上杉派の重臣遊佐続光が謙信に内応して、長一族を討ち取り、さしもの堅城七尾城も落城、能登畠山氏は滅亡した。その後は、鯵坂長実が城代となった。1581年、七尾城は加賀・能登を平定した信長の支配下に入り、能登一国は前田利家に与えられた。利家は七尾城に入って改修を行ったが、間もなく不便な山城を捨てて港に近い小丸山城を築いて移り、七尾城は廃城となった。

 七尾城は、広大な城域を有する大規模な山城で、麓からの比高は250mに及ぶ。山頂部には本丸・二ノ丸・三ノ丸・西ノ丸・桜馬場を始め、温井屋敷・遊佐屋敷等の重臣屋敷等、多数の曲輪群が連なっている。これらは見事な野面積み石垣で囲繞され、特に大手道から望む何段もの古色蒼然とした石垣群は壮観である。私はわざわざ麓から登ったので、麓の屋敷地を抜けて赤坂口から登り始め、七曲り・番所跡・沓掛場などを過ぎて、石段の大手道を登って行くと、やがて目の前に現れてきた石垣群を見て、本当に感動したのを今でもはっきりと憶えている。ただ、この見事な石垣群はあまり高くは積まれておらず、高石垣を積む技術がなかったことを示している。また本丸と背後の長屋敷間や二ノ丸と三ノ丸間は、深さ15m程にも及ぶ大堀切で分断されている。見事な遺構群で、行くなら数時間掛けてゆっくり楽しんだ方が良い。また、整備が行き届いている為、真夏の訪城でも主要な遺構は全て確認できるだろう。私にとって七尾城は、是非もう一度行きたい城の筆頭である。

 尚、2007年に起きた能登沖地震では、七尾城の石垣の一部が崩落したようである。無事復元されただろうか?
山麓の大手道跡→IMG_5805.JPG
IMG_5818.JPG←安寧寺跡にある畠山廟

 お城評価(満点=五つ星):☆☆☆☆☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E136.59.13.2N37.0.21.5&ZM=9
     http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=136.98408142897&latitude=37.008742955441
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 4

らんまる

度々お邪魔して恐縮でございます。

七尾城は2009年10月に訪れました。土砂降りの雨の中の散策でしたが、痛く感動しました。
石垣を持つ城では美濃の岩村城と並び大好きな城です。
ちなみに謀殺された長一族の末裔の方に知り合いがいます。金沢市にも長氏の武家屋敷跡があり是非ご覧くださいと云われましたが、未だその約束は果たせずにいます。
もう一度じっくり観察したい垂涎の城跡です。
by らんまる (2011-06-01 20:50) 

アテンザ23Z

>らんまるさん
たびたびのご来訪ありがとうございます!
山上にそびえる石垣の荘厳さは、
見る者を圧倒しますよね。
岩村城にはまだ行ったことがないので、
いずれ是非行きたいと思っています。

長氏の末裔の方とお知り合いとは。
そういえば取引先の営業の方で、長さんって方がいます。
もしかしたらその方も長一族の末裔かも・・・。
by アテンザ23Z (2011-06-01 22:55) 

ノリパ

行ってみたいです。今年中になんとか行きたいっス。
by ノリパ (2011-06-11 13:48) 

アテンザ23Z

>ノリパさん
関西からならば、ちょっとの長距離ツーリングで行けますので、
ぜひ行ってみてください。
雪の降る前の11月ぐらいが、
薮も少なくおすすめ時期でしょうか。
by アテンザ23Z (2011-06-11 14:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る