So-net無料ブログ作成

新田義貞首塚(神奈川県小田原市) [その他の史跡巡り]

DSC04322.JPG
 小田原には何故か新田義貞の首塚がある。由来に拠れば、1338年に越前の灯明寺畷で戦死した新田義貞の首級は京で晒されていたが、義貞の家臣宇都宮泰藤(近世小田原城主大久保氏の先祖)は主君義貞の首を奪還し、新田氏の本領上野国に首級を葬る為、東海道を東下した。しかし酒匂川のほとりに達した時に病で動けなくなり、義貞の首をこの地に埋葬して、自身もこの地で没したと言う。
 義貞の首塚はこの地のほかにもあり、いずれも伝承には虚実入り混じっているため、俄に真実とは見なし難い。特に、徳川氏は新田氏の庶流を称した為、徳川譜代家臣の大久保家にまつわる話が江戸時代になって創作されたことは十分に有り得ることである。従って、真実とはかけ離れていると思われるが、新田義貞の伝説がこの地にも残っていると思うと興味深い。

 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.10.51.9N35.15.20.9&ZM=9
タグ:墓所
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 2

ねじまき鳥

有名人はあちこちに墓ありますね。
by ねじまき鳥 (2011-05-02 23:31) 

アテンザ23Z

>ねじまき鳥さん
そうですね。
何故か首塚が複数あったりもしますので・・・^^;
by アテンザ23Z (2011-05-04 18:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る