So-net無料ブログ作成

伊達朝宗墓(福島県桑折町) [その他の史跡巡り]

DSC00464.JPG
 伊達氏初代、念西入道朝宗は、藤原氏魚名流に属し中納言山蔭の後裔であった。出家して念西と称していた朝宗は、1189年の源頼朝の奥州征伐に息子達と共に従い、阿津賀志山合戦において奥州藤原氏の重臣佐藤基治の軍を撃破し、平泉勢の総崩れの原因を作った。その軍功によって伊達郡を賜り、この地に入部して高子岡城を築いたと言う。朝宗は1199年、72歳で没した。
 朝宗の墓は桑折市街南西部にあり、1821年に仙台伊達藩は墓前に五輪の石塔を造立して供養した。江戸時代を通して、参勤交代の途次、伊達藩主はここに墓参するのを例としていたと言う。
 現在は、宅地の片隅にひっそりと塚と五輪塔が残るだけである。しかし、奥州の名門伊達氏は、正にここから始まったのである。

 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E140.30.51.6N37.50.19.8&ZM=9
タグ:墓所
nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る