So-net無料ブログ作成

平山城(東京都日野市) [古城めぐり(東京)]

DSC06979.JPG←主郭に鎮座する平山季重神社
 平山城は、山麓北方に居館を築いていた平山武者所季重が物見を置いた山城である。季重は源平争乱の際に武名を轟かせた坂東武者で、その事跡については平山氏館の項で述べる。
 平山城は、物見を置いた城と伝わるだけあって、段曲輪が数段構築されているだけの簡素な山城である。丸山と呼ばれる山上の主郭には現在、平山季重神社が置かれている。細長い舌状の曲輪で、台地続きの方には車道が通っているが道沿いに若干の土盛らしき物が見られるので、もしかしたら堀切の跡であったかもしれない。主郭の下方には登り道に沿って数段の平場があり、下の方になるとそこそこの広さがあって、ある程度の兵が常駐していたようである。登り道の途中には、土塁で挟まれた虎口らしき部分も見られるが、遺構かどうかはっきりしない。いずれにしても小規模な砦レベルの城だったのだろう。
 尚、京王線の駅名にもなっている平山城址公園は、城とは別の場所にあるので、そちらに行ってしまうと大間違いである。実際の城は城址公園の北の外れ、平地に突端の様に突き出した台地上にある。紛らわしいので注意が必要だ。
腰曲輪の一つ→DSC06995.JPG

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.23.5.0N35.38.18.8&ZM=9
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る