So-net無料ブログ作成

廿里古戦場(東京都八王子市) [その他の史跡巡り]

DSC06764.JPG
 廿里(とどり)古戦場は、武田信玄が相模に侵攻した際、甲相両軍が戦った古戦場である。
 1568年に信玄が駿河に侵攻すると、甲相駿三国同盟は破棄され、小田原北条氏と武田氏の間は一気に緊迫した。そして翌1569年、信玄は相模の北条氏康の本城小田原城への侵攻を決意した。碓氷峠から関東に侵入した信玄は、小田原への途上、滝山城攻撃の為に拝島に陣した。一方、信玄の武将小山田信茂は、別動隊を率いて小仏峠を越えて武蔵に侵攻した。滝山城主北条氏照の家臣、横地監物・中山勘解由家範・布施出羽守らは、10月1日に廿里の地で小山田勢を迎え撃ったが、一戦して脆くも敗れ去った。武田勢の合流を阻止できなかったこともあって、滝山城は落城間近まで追い込まれたが、氏照の重臣師岡山城守らの奮戦により北条方は辛くもこれを撃退した。信玄は自軍の損害の多さを憂慮して、滝山城攻略を諦めて小田原へ向かった。この戦いで氏照は滝山城の弱点と甲州口の重要性を感じ、小仏峠に近い山城の八王子城の築城を計画したと言われている。
 付近は現在、一面の市街地となっており、往時の面影は微塵も感じることはできない。わずかに解説板が立つのみである。古戦場西側の山上にはかつては廿里砦があったとされるが、あまり明確な遺構は無いようなのでこの日は行かなかった。

 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.17.0.7N35.38.30.5&ZM=9
タグ:古戦場
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 2

fuzzy

小山田信茂は武田軍の強さの象徴ともいえる猛将でした、氏照には相手が強すぎましたし、後北条には過日版図を広げていた頃の実力は無かったのでしょう。しかし信茂も最後は勝頼を裏切り織田軍に投降するも、主を裏切る不忠を責められ斬首されてます、武田軍も同様に力の衰えを認識していなかったですね。
by fuzzy (2010-03-20 15:29) 

アテンザ23Z

>fuzzyさん
北条ファンとしては、
武田方に脆くも敗れ去ったというのは、
ちょっと残念でなりません。
三増峠の戦いも同様です。
by アテンザ23Z (2010-03-21 14:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る