So-net無料ブログ作成

飛勢城 その2(岩手県北上市) [古城めぐり(岩手)]

DSC13266.JPG←白鳥神社の裏の空堀
 飛勢城を再訪した。前回は時間が無く、要害地域だけ駆け足で見て回っただけであったが、今回は周囲の居館地域なども一通り見て、また西の森と呼ばれる物見跡も見て歩いた。
 館跡には大空堀が数本見ることができ、最も規模が大きく素晴らしいのが白鳥神社の裏の空堀である。白鳥神社が建てられているのは古館と呼ばれ、和賀氏の居館白鳥館があったのだろう。神社背後には土塁が築かれ、その後ろには北上川に臨む断崖まで、幅10m程の空堀で掘り切っている。また北上北中学校の東側にも斎藤掘と呼ばれる空堀が残る。西の森の物見は平坦地となり現在神社が建っているが、その北西下にも空堀らしい地形が見られた。しかし夏場でクモがいそうだったので、それ以上の探索はしなかった。
 この城は、要害地域より居館地域の方が遺構の規模が大きいようだ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る