So-net無料ブログ作成

源氏ヶ峰城(富山県小矢部市) [古城めぐり(富山)]

IMG_4440.JPG←たぶんこれが主郭
(2004年4月訪問)
 源氏ヶ峰城は、倶利伽羅峠古戦場の近く、源氏ヶ峰に築かれた山城である。元は、1183年に木曽義仲が平家の大軍を破った倶利伽羅峠の戦いで、平家が布陣したのを源氏が陥としたとも、源氏が布陣した場所とも言われる。しかしこの頃は当然、ただの陣営程度であったはずで、現在残る城址遺構は戦国時代のものである。越中に拠る佐々成政が加賀の前田利家を攻めるに当たって、加越国境沿いに多くの城を築いたが、源氏ヶ峰城もその一つと考えられる。旧北陸道を押さえる要地として、兵站及び国境防衛の任に当たったのだろう。
 ここでは城址として記載しているが、実は行った当時、ただの古戦場の一角の史跡としてしか認識しておらず、まさか山城跡とは思っても見なかった。当時はまだ城めぐりを始めたばかりで、しかもまだ本格的な山城に行ったことが無い頃だったので、歩いていても城址とは気付かなかったのである。しかし今思えば、曲輪らしい平坦地や堀切らしいのがいくつかあったりしたような・・・。いずれにしても、いずれ城めぐりとして再訪したい。

 お城評価(満点=五つ星):城と認識していなかったので採点なし
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E136.49.37.5N36.39.7.2&ZM=9
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 4

fuzzy

北陸からの日本海側は越国として、ヤマトの時代から重要拠点でしたね、
雄略天皇を輩出しています。冬は雪に閉ざされるのに畿内からは常に脅威をいだかせる拠点、義仲もそんな背景から精鋭を率い京を落しました。戦国期も謙信を輩出していますから、強兵を生む処でもあったのですね。
by fuzzy (2010-02-03 11:48) 

ノリパ

なるほど・・・ というかfuzzyさんのコメントに反応してしまいました。
ごめんなさい。
by ノリパ (2010-02-07 17:19) 

アテンザ23Z

>fuzzyさん
越前を中継拠点として、越中越後とは海運貿易が盛んでしたから、
現代と比べると日本海側の重要度は桁違いですね。
また雪など厳しい自然の中で生きてきた地方なので、
忍耐強く兵も困苦に強かったのでしょう。
by アテンザ23Z (2010-02-07 23:40) 

アテンザ23Z

>ノリパさん
いえいえ、そんな気になさらずに。
by アテンザ23Z (2010-02-07 23:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る