So-net無料ブログ作成

中島砦(愛知県名古屋市) [古城めぐり(愛知)]

DSC02265.JPG←現状の中島砦周辺
 中島砦は、1559年に織田信長が今川義元の尾張侵攻に備えて築いた砦群の一つで、善照寺砦と共に今川方の橋頭堡鳴海城を包囲する3砦の一つである。桶狭間合戦の折には、1560年5月19日午前、信長はまず善照寺砦に手兵3000を終結させて敵情報告を受け、先方隊に攻撃を命じた後、自らはこの中島砦に移って奇襲戦の行動を起こしたと伝わっている。
 中島砦は手越川と扇川の合流点近くに築かれており、三方を川で囲まれた要害の地であったのだろう。現在は完全に市街化しており遺構は全て湮滅しているが、民家の庭先に「中島城址」と書かれた立派な石碑があり、土地の持ち主のご好意で自由に見学できるようになっている。こうした歴史的に重要な場所が、誰にでも開放されていることは素晴らしく、持ち主の方の寛大な志には感謝の念を禁じえない。

 お城評価(満点=五つ星):☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E136.57.24.8N35.4.25.4&ZM=9
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 2

ノリパ

素晴らしい方がいらっしゃるんですね。どうぞ、ご自由に。なんて言えない
っス。それがしには。
by ノリパ (2010-01-16 18:31) 

アテンザ23Z

>ノリパさん
柵で囲われていて、本宅の方には入れないようになっていたとはいえ、
自分の敷地を一般に開放するなんて、
確かに自分にもできそうにないですね。
世の中には奇特な方もいらっしゃるものです。
by アテンザ23Z (2010-01-18 20:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る