So-net無料ブログ作成

阿左美氏館(埼玉県皆野町) [古城めぐり(埼玉)]

DSC04708.JPG←居館周囲の石垣
 阿左美氏館は、山腹の斜面上に築かれた居館である。戦国時代、阿左美伊勢守玄光は鉢形城主北条氏邦に仕え、1569年に秩父に侵攻した武田勢を追い返し、その時の軍功により感状を賜って名字を朝見に改めたという。また伊勢守の子息朝見伊賀守慶延は、1572年まで上杉勢の押さえとして横瀬根古屋城に居城し、氏邦より加増された古文書が残っているという。
 館周囲には石垣が良く残り、石垣の中は現在も朝見氏の子孫の方の住居である。石垣が幾重にも設けられていて、往時の姿を忍ばせている。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.4.3.3N36.4.51.9&ZM=9
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 2

ノリパ

いまだに住まわれているとは、すごい由緒正しき人ですね。朝見氏。
by ノリパ (2009-05-31 17:56) 

アテンザ23Z

>ノリパさん
私の住んでいる栃木県内でも、
ご子孫の方がそのまま住まわれている例が結構あります。
戦国時代が終わるとそのまま帰農して、
地域の名主などになっていることが多いです。
by アテンザ23Z (2009-06-01 00:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

メッセージを送る