So-net無料ブログ作成

秩父氏館(埼玉県秩父市) [古城めぐり(埼玉)]

DSC03431.JPG←段丘上にそびえる館跡
 秩父氏館は、武蔵西部の豪族秩父氏の居館跡である。秩父氏は坂東八平氏の内の一つで、平将門の叔父平良文(村岡五郎)の後裔である。良文の次男忠頼の子将常が武蔵権守となって秩父郡中村郷に入部して、秩父氏の祖となった。秩父氏からは、畠山・豊島・葛西・江戸・河越等の武蔵の中心的豪族諸家が輩出された。ちなみに将常の弟忠常の系統は、関東の名門千葉氏となった。秩父氏は中村郷に居館を構えた後、秩父牧別当になってからこの吉田に居館を移し、以後、重能まで5代にわたる居館となった。重能の時に畠山荘に移り、その子が坂東武者として名高い畠山重忠である。
 現在は吉田小学校や幼稚園の敷地になっているが、周囲を吉田川・やまめ沢に仕切られた河岸段丘上の要害で、現在でも威圧感のある立地であることがわかる。周囲との高低差は20m以上もある。背後のやまめ沢も非常に深く台地を刻んでいて、こちらも高低差は20m以上あり、しかもほぼ直角にクランクして天然の横矢掛りとなっていて、これ以上は無い天然の堀となっている。校庭の南に土塁らしき地形があるが、これは遺構ではないらしい。いずれにしても屈指の要害性を持った居館跡である。

 お城評価(満点=五つ星):☆☆
 場所:http://maps.gsi.go.jp/?ll=36.041257,139.034386&z=16&base=std&vs=c1j0l0u0
タグ:居館
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

ノリパ

名門畠山氏の源流はココなんですね。そう考えると、丘の上も
なにかありそうな感じがします。
by ノリパ (2009-05-17 17:41) 

アテンザ23Z

>ノリパさん
学校になっていなければ、
何か遺構が残っていたかもしれませんが。
今となっては想像するしかありません。
残念ですが、致し方ないところでしょう。
by アテンザ23Z (2009-05-17 20:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

メッセージを送る