So-net無料ブログ作成

BEETHOVENモード [クラシック音楽]

 ここしばらくゼッ不調、というか、精神的ストレスで死にそうだったが、なんとか先週末、仕事が一山越えたので、ちょっと楽になった。そんなわけで、今週に入ってからずーっとBEETHOVENモードです。BEETHOVENモードとは何かというと、上り調子になりつつある時に、ベートーベンの音楽を聴いて更に自分を調子づけること。
 反対にゼッ不調のときは、マーラー第9モード。黄泉の世界への憧れとも言えるような、マーラーの交響曲第9番だ。死にそうなぐらい、精神的にきついときは、なぜかこれで心が癒される。マーラーは基本的に「好き」な作曲家ではないはずなのだが。
 今回は、マーラー聴いて、しばらくしてベートーベンのピアノソナタop.101を聴き始めてから、BEETHOVENモードに突入した。BEETHOVENモードに入ると聴く曲の嗜好が変わる。特に、交響曲第7番辺りが最高だ。Cosmic Danceともいうべきこの交響曲は、ある意味第9よりスケールが大きい。宇宙の生命力を内包しているようなダイナミックさは、比類がない。ベートーベンは「ダイダロスは、迷宮に幽閉されたが、それを抜け出して空中に飛翔する翼を発明したではありませんか」と言った。まさしくそういう生命力を宿した音楽だ。
 離婚問題にも、精神的に区切りがついた。ここしばらくは、ベートベンを聴いて過ごしたいものだ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る